疎遠な兄弟の相続放棄

音信不通の相続放棄はどうなるか

相続放棄自体は、全く関係ない状態にするものですが、専門家に相談しないでは知識を間違う事もあります。
相続放棄について裁判所に相談する事や専門家に相談する事はもちろんですが、疎遠関係になっている兄弟の相続放棄については期限を過ぎていても、承認されるパターンがある事を知っておく事が大切です。
又、当然の事ですが、何も相談しないままだとそのまま相続人として成り立ってしまっているので、相続放棄をする場合には裁判所に連絡する事や専門家に相談する事が良い方向に行くためのものであり、相続放棄をしたい旨を裁判所に事情を説明出来る様に相談しておく事が大切です。
相続放棄をする時には、自己判断はせずに疎遠だったと言う事を説明しつつ、書類が届いた事を相続放棄についての知識が高い専門家に相談する事が大切です。

一人だけではなく相続人全員の問題

疎遠関係にある兄弟の相続放棄は相続人全員が相続放棄の手続きをしないといけません。
相続放棄のために一人だけ手続きをしても全員が完了しない限り、相続人に引き継がれます。
相続放棄は自分が相続人と知ってから3ヶ月以内が原則なので、相続放棄をしたい場合には早めの手続きが必要です。
相続放棄の基本を踏まえた上で、専門家などに相談しておくのも良い手段です。
相談する事で、相続放棄の面倒な書類や手続きを済ませてくれるので、相談は不可欠と言えます。
相続放棄は素人では手違いが起こる可能性もあるので、相続放棄の問題に差し掛かった際は、専門家を頼る事が大事です。
もしも、相続放棄の期限を過ぎた場合でも、解決事例に基づいて自分の状況を相談する事も大切です。

すぐに相続放棄出来ない場合がある

相続放棄の解決事例は多く、自分が相続人であり、相続放棄の問題を抱えた時に重要となります。
土地の相続登記をしなかったケースや戸籍を調査すると全く知らない人がいたり、疎遠だった兄弟が亡くなり、相続放棄が完了したケースなど解決事例は沢山あります。
疎遠になっている場合は解決事例を謳っている場所も多いですが、相続放棄はすぐに解決出来ない場合があります。
これは相談すればどうにかなる訳ではなく、兄弟の場合はまず父母が第一の相続人となる訳で、順位的に兄弟は二番目になっています。
一番目の相続人が相続放棄をした事が前提となるので、すぐにと言う訳にはいきません。
相続放棄の申し立てを行う時には家庭裁判所を通すのですが、自分が相続人となった事を確認してから相続放棄の準備に入ります。
相談次第でどうにかなる問題ではないので、専門家に相談するなら質問程度になります。

どうやって相続放棄を確認すればいいのか

一番目の法廷相続人が相続放棄をした事を伝える相続放棄申述受理通知書が発行されます。
これを相続放棄する時に添付して提出するのですが、これも専門家に相談して行う事をお勧めします。
とにかく相続放棄に関しては、間違う事が多く扱う書類も多いので、相談してから家庭裁判所に提出する事が得策です。
相続放棄をした事を知った時ではなく、照会を掛けた時と言うパターンもあり、3ヶ月と言う厳密な期間を確かな時間とするために相談は欠かせません。
相続放棄をしたいと考えているなら、専門家に相談をして、裁判所に提出する事が大事です。
相続放棄の順番は法律で決まっているので、焦らずに事前に相談しておくのも一つの手段です。
相続放棄を放置せずに、期間があると言うのは大切な事です。

ブログの最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧