不動産を売却してしまった相続放棄

相続分の不動産を売却してしまった場合

相続財産である不動産を売却してしまった場合、相続放棄をすることはできるんでしょうか?
相続放棄を検討しているのであれば相続財産を処分してはいけません。
単純承認したということになってしまい、全てを相続することになります。
相続放棄については案件を多く扱っている司法書士にまずは相談することが必要です。
相続放棄の手続きというのは簡単に出来るようなものではありませんし、相続に関する法律など知識がないと失敗してしまうことも多いからです。
相続放棄の手続きを自分でやろうとしたけど書類に不備があって却下されてしまったと相談にみえる方もいらっしゃいますが、最初から相続放棄の相談をしておくべきだったと後悔されます。
相続放棄の手続きには3ヶ月という期限だけでなく、一度しか相続放棄の手続きをすることができない決まりがありますので慎重に行なう必要があるのです。
もし裁判所に却下されてしまったら相続放棄することができず、借金を背負っていくことになってしまいます。
相続放棄のプロに相談せず、自分で安くあげようと相続放棄の手続きを失敗してしまうと、結局は相続放棄のプロに相談するよりも高くつくのです。

相続放棄と単純承認と限定承認

相続には単純承認というそのまま全てを相続するものと、財産の範囲内で借金を受け入れる限定承認というものと、財産も借金も全てを相続しない相続放棄というものに分かれています。
限定承認と相続放棄とのどちらを選択するべきなのかということや、手続きに関する準備などは厳しいものです。
ほとんどの人が相続放棄については素人です。
相続放棄を検討するような借金や様々な事情がある場合の相続については、相続放棄などの案件を多数扱っているプロの司法書士に早めに相談するべきです。
相続放棄のことについてなぜ相談するべきなのかというと、相続放棄には知らなかったではすまないことが多いからです。
また、相続放棄のプロであれば相談され、相続放棄が認められる案件かどうかという判断もつきます。
相続放棄のプロですから、相談されても却下されることがわかっている申請はしないのです。
そんな相続放棄のプロに相談して、相続放棄の手続きを成功させましょう。

不動産を処分して相続放棄できない場合

不動産を処分してしまい、裁判所に単純承認したと判断されてしまった場合、相続放棄することはできません。
こういった問題が起こってくる可能性がありますので、相続放棄のことはプロに早く相談することが必要です。
相続放棄するには3ヶ月以内に手続きする必要がありますし、単純承認になってしまう行為をしてはいけません。
相続放棄しなければならないような複雑な状況であれば、他の相続人との関係や債権者との間でもいろんな問題が起こってくる可能性があります。
相続放棄をするために知らないまま手探りで行なうのはとても危険です。
相続放棄のプロに相談しながら手続きを進めていく必要があるのです。
プロに相談することを怠って、相続放棄することができなくなってしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?
相続放棄出来ないとなれば、借金をそのまま背負っていく以外に道はないんでしょうか?
実は、相続放棄の相談を受けている司法書士には、相続放棄だけでなく、債務整理などを専門に扱っている人たちもいます。
相続放棄が無理であれば、相続放棄以外の方法で借金をなんとかしなければなりません
相続放棄以外の方法も視野に入れて相談してみましょう。

ブログの最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧