携帯電話会社から督促を受けた場合の相続放棄

期間を過ぎているかどうかで判断する

相続放棄をしたいと考えても、実はかなり難しいこともあります。
穏便に相続放棄が出来るかどうかは、相談によっても変わるので、色々と話をしてください。
特に問題となるのが携帯会社からの相続放棄であり、実は携帯電話の支払いが終わっていませんという形で督促を受けて、相続放棄をするのが結構大変なこともあるのです。
もし3ヶ月という期間を過ぎていなければ、相続放棄は容易にできます。この期間なら相続放棄は簡単にできますし、手続きさえ済ませてしまえば督促を相続放棄で回避することもできます。
支払いが出来るかどうかというのが問題ではありますが、支払い能力が無い場合は、相続放棄で何とかできることもあります。ただ債務については軽減できないので、何とかして払うこともあります。
相続放棄をするかどうかよりも先に、まずは期間を過ぎていないか、そして相続放棄をしてもその後をどうするかを考えるのです。相談をして相続放棄を行っても、債務は払うこととなるので注意をしてください。

期間を過ぎていた場合はすぐ相談を

相続放棄をしたい場合でも、相談をしないと絶対解決しない事案があります。
それが3ヶ月を過ぎている場合です。 携帯会社は速やかに支払いを要求しますが、相続放棄をすれば解決します。 ただ期間切れだと相談をして、弁護士の協力なしに解決することは難しいのです。
相続放棄を検討している場合は、まず相談をして相続放棄を速やかに進められるようにしてください。
期間を過ぎていた時は、ヒアリングによって相続放棄が出来るか判断されます。
相続放棄が可能であれば、相談の上で手続きを行い、なるべく相続放棄が出来るようにしてくれます。
ただ該当しないような事案だと、相続放棄が認められず、事務所も手続きが難しいと判断されます。弁護士の方は相談によって、様々な考えのもとで相続放棄を検討してくれます。
期間が過ぎていた場合は、相続放棄を速やかに相談で行い、その後携帯会社の督促を止めることとなります。
相続放棄が出来れば解決することなので、まずは相続放棄を中心に考えて、その後でなおも督促をするなら、相続放棄をしたことを話してください。

放棄すれば後は支払いをしなくて良い

基本的に支払える能力が無ければ、相続放棄で支払いは回避できます。
相談をすればわかることで、相続放棄を速やかに行って、取り立てを回避すればいいのです。
携帯会社も相続放棄をされたことがわかれば、それ以上の対応はしません。
ただ相続放棄をしていない場合は、何時までも取り立てが続くので、早めに相談して解決しなければなりません。
相続放棄をすることによって、色々な取り立ては回避できるのです。
相談によって相続放棄を速やかにするのは、更に取り立てが多くなり、電話の対応をしなくていいメリットがあります。
相続放棄は携帯会社にも通用することと考え、相談をしっかり行って相続放棄をしてください。その上で相続放棄を早く行うためにはどうすればいいか、念のため相談で計画を立てることとなります。
相続放棄さえすれば、携帯会社の督促は無視できることとなり、安心して生活ができます。
相談さえすれば相続放棄に向けたヒアリングと、準備は行ってくれますから、安心して相談して相続放棄をしてください。後は相続放棄が出来るかどうか、判断にゆだねることとなります。


公開日:
最終更新日:2016年5月22日

ブログの最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧