相続放棄を司法書士に依頼するメリット

何をすればいいの?相続放棄したい時の手続き

相続放棄をしたい。理由は借金や財産でもめた等で、相続放棄を急ぐ事もあるかと思います。兄弟が介護をしたお礼として、相続放棄したい場合もあるでしょう。
家庭裁判所で相続放棄のための書類をそろえて出す必要があります。まず、相続放棄できるか司法書士等に相談しましょう。
また、相続放棄には故人が死んだ事を知ってから後、基本3ヶ月迄しかできないという期限があります。相続放棄のため用意する書類は相続する人の戸籍謄本だけでなく、故人の除籍謄本等いくつか必要となります。
家庭裁判所に相続放棄の手続きに行くとしても、わからないまま行けば何度も時間をとられる事になります。

メリットは何?相続放棄を司法書士に依頼する

司法書士に相談し、相続放棄の手続きをするメリットは3つあります。
1つ目は相続放棄の手続きを相談の上全部一任できる事です。家庭裁判所での手続きや、役所に行って相続放棄に関する戸籍等の必要書類を集める手間や時間もとられません。
2つめは、相続放棄の手続きをしてもらうにあたり、司法書士への相談や依頼は弁護士に比べて比較的廉価でできる事です。
3つめは相続放棄に関する法律や手続きの知識が素人よりあり、相談できる事です。 これら3つが相続放棄に関して司法書士に相談するメリットなのです。
3つ目の相続放棄に際しての相談で、司法書士の法律知識がどう役立つが、細かく見ていきましょう。

どんな風に役立つ?相続放棄における司法書士の法律や手続きの知識

相続放棄に関しての相談相手である司法書士は相続放棄にまつわる法律や手続きの知識が素人よりあります。
まず、相談する事によって、相続放棄に必要な書類の間違いを防ぎます。また、期限が来てしまった、先に故人の財産についていくらか処分してしまったりで、相続放棄できなくなるミスを防いでくれます。
さらに、例えば被相続人の死後が3か月を越えて、新たに借金が発覚したとします。3か月が過ぎて、相続放棄できる期限を超えていると諦めてしまいそうになります。
でも、そこで相続放棄できないと決めず、司法書士に相談してみましょう。条件を満たせば相続放棄できますし、煩雑になる手続きもプロだから任せられます。
また、相談する事により、相続金額や借金金額次第で、相続放棄ではない他の方法も教えてくれ、相続財産を手元に残せる事もあるのです。

高そうで怖い!司法書士に払う手数料

司法書士に相続放棄を相談したり、依頼すると何十万ととられるのではと、怖く感じる人も多いかと思います。ですが、司法書士は相談までは無料のところも多く、相続放棄の書類作成の手続き代行3~6万程度の手数料が多いようです。
確実に相続放棄できる安心感の対価は、意外と安いと思いませんか?
忌引きで仕事を休んで、さらに相続放棄の書類収集、家庭裁判所に行くために休みをとれますか?また本籍が田舎の遠隔地という事態だと、取るのも手間がかかります。
また、費用は余分にかかるかもしれませんが、債権者がいる場合相続放棄の通知をお願いできたりします。法律家から相続放棄の旨を伝えてもらえるのは、後のトラブルを防ぐのに有効な手段です。
このように司法書士に相談し、相続放棄の手続きをしてもらう事は、決して高くはないと思います。
皆さんが相続や相続放棄に対する知識がないのは当然です。だから、相続放棄は司法書士に相談してみてください。その方が早くすっきりと解決できる事もあるのです。

ブログの最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧