固定資産税の相続放棄

固定資産税の請求が突然来た?

相続放棄の相談の中には、固定資産税の請求がある日突然来たということで相続放棄の相談に来る決心をされたというケースもあります。
相続放棄の手続きには3ヶ月以内という期限がありますので、こういったケースでの相続放棄の相談はかなり困難な場合が多いと考えておいた方が良いでしょう。
3ヶ月を過ぎてから相続放棄を申請する場合には、相続放棄を期限内にできなかった正当な理由というものがないといけません。
相続放棄のプロである司法書士でも無理な場合もありますが、まずは相談してみることから始めましょう。
父親が亡くなってからこうなるまでの経緯やいろんな事情をしっかりと伝え、相続放棄のプロが、相続放棄が可能かどうかの判断がしっかりできるだけの情報を提供したうえで相続放棄するかどうかの相談をすることが大切です。
相続放棄が難しい状況であるからこそ、相続放棄のプロに任せるべきでしょう。

売却できないような田畑や山林を相続放棄

こういった固定資産税にかかわる相続放棄の相談の場合、お話を詳しく聞いてみると、とても売却が難しいような地域にある田畑や山林の場合があります。
しかも、きちんと話し合いをしないままになって、相続放棄の相談をしている本人自体が状況をしっかりと把握できていないということもあります。
可能であれば、相続人全員が集まって、今後のことを相談して決めることがベストでしょう。
相続放棄ということになるわけですが、相続放棄の手続きは一度切しかすることができません。
相続放棄を申請する書類に不備があったりして却下されれば相続放棄の手続きを再度することはできないのです。
しかも、相続放棄の期限を過ぎてしまってからの相続放棄申請になりますので、かなり難易度が高く認められる可能性も決して高いとは言えない相続放棄の相談案件と考えられます。
逆に言えば、相続放棄を裁判所に認めてもらうことが困難な状況であるからこそ、相続放棄のプロに相談して少しでも相続放棄が成功する可能性を高めるという方法を選択するべきでしょう。

相続放棄せずに放っておくとどうなるか?

相続放棄せずに放っておくとどうなってしまうんでしょうか?
例えば、相続放棄せず放置したままにしてしまった場合には、固定資産税を払わないという状況が続き、最終的には給与や自宅の差し押さえという事態になってしまう可能性もあります。
そうならないためにもできるだけ早く相続放棄についてしっかりと相談しておく必要があります。
残された田畑や山林が相続しても価値の無い財産であれば、他の相続人が相続放棄をしてしまうという可能性もあります。
相続放棄の期限内でしたらご本人も相続放棄すれば済むことかもしれませんが、相続放棄の期限を大きく過ぎてからの相続放棄の手続きは簡単ではありませんので専門家に相談する必要があります。
それがさらに状況が悪くなってからの相談となれば、申請は裁判所の心象を悪くする可能性もあり、専門家であっても厳しい状況になってしまうことが考えられます。
相続放棄をしないといけないと思いはじめたのが固定資産税の通知によるのでしたら、そこから日を置かずに相続放棄の手続きをすすめるべきでしょう。
それから更に期間が過ぎてしまったら、相続放棄の手続きを正当なものと認めてもらうのが更に難しくなってしまいます。
相続放棄をするのであれば、すぐにプロに相談するべきですし、これからの対応をしっかりと相談して的確な手を打っていく必要があります。

ブログの最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧