空き家・廃屋と相続放棄

相続放棄の相談をたくさん受けておりますと、相続人全員が相続放棄したことで、実家が空き家や廃屋になってしまいます。

今、この空き家や廃屋が放火や不審者による占拠や、古い廃屋なら倒壊するリスクもはらみ、地域住民の安全を脅かす存在になりかねません。現在全国の自治体でもこれらの危険廃屋は大きな問題になっております。

この空き家や廃屋については、相続放棄の手続きをすれば責任は問われないと考えている方もいらっしゃいますが、民法940条には下記のように記されており、たとえ相続放棄が裁判所に認められても、最後に相続放棄をした元相続人が管理義務を負い、法的責任を問われることにもなりかねません。

<民法940条>
『相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。』

このような全員が相続放棄した後に、法的責任を回避する方法として裁判所に相続財産管理人(一般的には地域の弁護士が選任されます)の選任を申し立てて空き家や廃屋の管理業務を引き継がせることができるのです。

当事務所では、相続財産管理人の選任申し立て業務を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

よくご覧いただくコンテンツ一覧

ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 0120-940-617