相続放棄申述書に関するご相談

相続放棄のことを相談するなら?

相続放棄のことを相談するなら、一体誰に相談するべきなんでしょうか?
相続放棄の手続きのことを詳しく知っていて、相続放棄の手続きの経験が豊富な人に相談し、相続放棄の手続きを依頼するのがベストな選択ではないでしょうか。
そんな相続放棄のことに詳しい人って誰なのかというと、相続放棄の案件を多数扱っている司法書士なんです。 相続放棄をたくさん扱っていて得意としている司法書士事務所なら、ホームページで相続放棄に関して役に立つ情報や解決案件などを紹介しています。
また、相続放棄についての無料相談も行なっていたりしますので、まずは相続放棄についての相談をしてみることです。
相続放棄に詳しいプロであることが前提ですが、やっぱり人には相性というものもありますから、これから相続放棄のことを相談したり一緒にやっていくことを考えたら、気の合う人であるかも大切な要素になりますね。

司法書士と弁護士とはどう違うのか?

相続放棄のような法律問題を扱う有資格者には、司法書士と弁護士とがあります。
相続放棄の相談をするのは司法書士と弁護士のどちらに相談するべきなんでしょうか? 相続放棄の案件を得意にしている弁護士事務所や司法書士事務所など、それぞれが自分たちに相談した方が、依頼した方がいいですよと言っているんですよね。
相続放棄ことを相談して、相続放棄の手続きを依頼するならどちらがいいのか、正直迷ってしまいますね。司法書士ができることには制限がありますが、相続放棄の手続きそのものは司法書士が行うことができます。
通常の相続放棄のことであれば司法書士で充分に対応できると思われます。
ただ、相続放棄の手続きを依頼するだけでなく、相続人同士に紛争があり、交渉や複雑な法律相談などが必要になる場合には弁護士に相談し、依頼した方が良さそうです。
いずれにしても、相続放棄など相続問題を多く扱った経験が必要ですし、相続放棄を得意としている専門家に依頼するべきでしょう。
あとは単純に相続放棄の手続きをお願いしたいだけなのか、それとも相続放棄だけでなくいろんな相続問題の相談をしたり交渉をお願いしたいのかにもよると思います。

司法書士に相続放棄を依頼するメリット

司法書士に相続放棄の相談をして、相続放棄の手続きをしてもらうメリットとは何でしょうか?
司法書士は登記業務や裁判所等に提出する書類の作成を業務として行っています。
相続放棄の場合には、裁判所に提出する書類の作成を依頼することになります。もちろん相続放棄の書類作成には状況を詳しく知っておく必要がありますので、現状を詳しく相談しておく必要があります。 また、相続放棄の場合には借金問題がからんできますので、借金に関する問題も相談することが必要になってきます。
その点、債務整理なども多く扱っている司法書士事務所であれば、相続放棄という方法以外にも借金を解決したりするためのノウハウをたくさん持っていることになります。
相続放棄では借金にかかわる様々な問題が発生する可能性がありますので、相続放棄だけでなく借金問題にも強い司法書士であれば、いろんな相談にも乗ってもらえる頼りになる存在となります。
相続放棄のことを相談するなら、相続放棄のことはもちろん、債務整理も多く扱っている司法書士事務所を探すのが得策のようですね。

ブログの最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧