相続放棄と自己破産

相続放棄自己破産とでは、借金の支払い義務がなくなるという点では共通ですが、その性格上の相違点があります

自己破産とは

まず、自己破産ですが、こちらは自己都合で支払うことのできなくなった借金を特別に免除してもらうことです。ですから、借金の支払い義務はなくなりますが、税金の支払い義務は残ります

相続放棄とは

相続放棄とは、亡くなった人が持っていた一切の権利や義務の関係をなくすことができることです。ですから、たとえ亡くなった人が税金を滞納していたとしても、相続放棄をすれば税金の支払いはしなくてすみます

相続放棄をすることによって、財産も借金も、何も背負わないとするものになります。何も背負わないのですから、負担も背負いません。だから当然、亡くなった人が滞納していた税金を支払いもする必要がありません。
 
これが相続放棄と自己破産との大きな違いです。


よくご覧いただくコンテンツ一覧