母が亡くなってから半年経った今、金融機関から借金の督促状が来ました。 もう相続放棄をすることは難しいのですか?

相続放棄の申立期間3か月の起算点は、相続財産の全部または一部の存在を認識した時または通常であれば認識できたであろう時だとされています。

被相続人が何の財産(資産・負債両方)も残さず亡くなったと思っていて、借金の存在を全く知らなかった場合には、借金の存在を知った時から3か月以内に相続放棄すれば足りるとされています。
この場合、一刻も早く相続放棄することをお薦めします。

当事務所は3ヶ月以内の相続放棄受理率は100%です。
また、初回無料でご相談を承っておりますので、お連絡ください。

こちらの申請が受理されますと、故人の借金の支払い義務はなくなりますので、ご安心ください。
>>同様な相談の解決事例はコチラ

当事務所では、相続放棄にお悩みの方に初回無料相談を実施しております。
一度ご相談にいらしてください。
>>無料相談はコチラ


よくご覧いただくコンテンツ一覧