相続放棄をしないとどうなるのですか?

相続放棄をしなかった場合は、通常の相続となり、被相続人(死亡者)の資産も負債も、すべて各々の相続分に応じて続することになります。負債を相続するということは、簡単にいうと「死亡者の借金の返済義務を引きつぐ」ということです。

なお、資産は相続人同士の話し合いで分け方を決めることができますが(遺産分割)、負債は、債権者の承諾なしに相続人が勝手に分けたりすることができません。

>>「相続放棄」について詳しくはこちらをご覧下さい

当事務所では、相続放棄にお悩みの方に初回無料相談を実施しております。
一度ご相談にいらしてください。

>>無料相談はコチラ


よくご覧いただくコンテンツ一覧