借金の部分だけ相続放棄できますか?

相続放棄すると、その人は初めから相続人ではなかったことになりますので、資産も負債も一切相続することができません。

そのため、「借金は相続放棄するけど、不動産は欲しい」というような相続放棄はできません。資産もあるが借金もあり、どちらが多いか不明な場合は、相続財産の限度でのみ債務を弁済する「限定承認」という制度が有用です。しかし「相続放棄」は各相続人が個別に申し立てできるのに対し、「限定承認」は相続人全員でしなければなりません。


よくご覧いただくコンテンツ一覧