ブログ

金融機関と相続放棄

相続放棄は人生を左右する重要な手続きです 相続放棄を行なえば、遺産を相続することができなくなる代わりに、故人が金融機関でつくった借金も相続しないで済みます。たとえ故人が何千万円もの負債を背負っていたとしても、相続放棄さえ行なえば遺族が返済を引続ぐ必要はありません。相続放棄とは、故人が残した借金から遺族を救済する制度なのです。 ただ、親の借金が判明したからといって、いきなり相続放棄の手続きをしろと
続きを読む >>

日用品を処分してしまった相続放棄

相続放棄の意味と相続放棄する際の条件 「相続放棄」とは、相続人が被相続人である故人の遺産を相続放棄することを意味します。 相続によって明らかに不利益を被るケース、もしくは故人の後継者以外の親族が家業の経営を安定化させるため相続放棄するケースなどに、相続放棄は用いられます。 相続放棄の定義について詳しく知りたいなら、相続放棄に詳しい司法書士に相談したり相続放棄に強い弁護士に相談したりしましょう。
続きを読む >>

借金と相続放棄

借金があると相続放棄した方がいいのか? 相続放棄をするケースというのは被相続人に借金があったりという場合が多いのですが、相続放棄することで故人の借金を返済しなければならない義務から逃れることができます。ただし、財産も一切相続することはできませんので注意が必要です。相続放棄の特徴としては、借金だけでなく故人が支払っていない税金からも相続放棄することで逃れることができることです。 このあたりは相続放
続きを読む >>

不動産を売却してしまった相続放棄

相続分の不動産を売却してしまった場合 相続財産である不動産を売却してしまった場合、相続放棄をすることはできるんでしょうか? 相続放棄を検討しているのであれば相続財産を処分してはいけません。 単純承認したということになってしまい、全てを相続することになります。 相続放棄については案件を多く扱っている司法書士にまずは相談することが必要です。 相続放棄の手続きというのは簡単に出来るようなものではありま
続きを読む >>

相続放棄の撤回

基本的に相続放棄の撤回はできない 相続放棄はまず相談することが大切になってきます。1度行ってしまうと、撤回することができません。 相談をしても相続放棄の撤回は難しいと言われてしまうくらい、相続放棄というのは難しいものなのです。 もし相続放棄を考えている方がいるなら、1回決めて手続きが終わったら撤回することが出来ないと考えてください。 弁護士の方が相談の際、撤回は出来ませんよという話をするのはこの
続きを読む >>

相続放棄と就職

相続放棄は就職に関係がある事はない 相続放棄はあくまで、遺産だとか故人の持っている借金だとかを最初から関係のなかった事にするためのものなので、就職に影響があると言う事例はありません。 これは司法書士の人も言っている事であり、相談する質問の中でも多い相談となっています。 相続放棄は相談する事で様々な知識を得る事が出来ますが、相談次第では自分自身の知識量も相続放棄について養えるので、司法書士に相談す
続きを読む >>

相続放棄と遺族年金

知ってますか?遺族年金の受給の仕組み 知らないと損をする事に遺族年金と相続放棄の関係があります。相続放棄を考えている身内が亡くなった時、その辺りの受給が不明ならば社会保険労務士にまず相談すると損をせずにすみます。 また、相続放棄は他の士業に相談要です。 まず、相続放棄他につき相談する前に簡単に説明すると、遺族年金は配偶者や親を亡くした人が受け取れる年金です。 相続放棄は受け取れる財産や負債に対し
続きを読む >>

相続放棄と未支給年金

相続放棄する目的とは? 相続放棄する目的とは、相談者によっていろいろな事情の違いはありますが、その多くが故人の残した借金に対する支配義務の回避といえるでしょう。 相続放棄をしなければ、財産と共にこういった借金についても相続してしまうことになり、債権者への支払い義務が生じてしまいます。 相続放棄の相談に来られる方の多くもこういった故人の借金があったことがわかり、相続放棄するにはどうしたらいいのか?
続きを読む >>

相続放棄と支払い義務

相続放棄する目的とは? 相続放棄する目的とは、相談者によっていろいろな事情の違いはありますが、その多くが故人の残した借金に対する支配義務の回避といえるでしょう。 相続放棄をしなければ、財産と共にこういった借金についても相続してしまうことになり、債権者への支払い義務が生じてしまいます。 相続放棄の相談に来られる方の多くもこういった故人の借金があったことがわかり、相続放棄するにはどうしたらいいのか?
続きを読む >>

相続放棄の準備

相続放棄の基本準備 遺産相続はなにも手続きをしない場合は借金を相続してしまうので、相続放棄をしなければなりません。 なにか手続きが不安なら弁護士などに相談するといいでしょう。相続放棄には、被相続人(相続放棄における亡くなった人)との関係性によっても必要書類が変わりますが、まず相続放棄申述書です。 そして申し込む人の戸籍謄本です。それから、被相続人の戸籍謄本、もしくは除籍謄本です。あと、800円の
続きを読む >>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>

よくご覧いただくコンテンツ一覧